産み分けゼリーのリスクについて

男の子と女の子のどちらが産まれるのかには、卵子に受精する精子が男の子が誕生するY遺伝子か女の子が誕生するX遺伝子かによって決まります。
通常はY遺伝子の比率が多いため男の子が誕生する可能性の方が高いでが、Y遺伝子を持った精子の特性である酸性に弱い事や、寿命が短いという特性を利用して女の子を産み分けでできる産み分けゼリーが存在します。
産み分けゼリーは膣内を酸性に保つ事で、男の子が産まれるY精子を弱らせたり、活動をゆっくりにさせる効果があります。
産み分けゼリーの使用方法は簡単で、ゼリーを使用前に女性の膣内の温度である40度前後にお湯で温めてゼリーを溶かして、注射器を使って膣内に注入してから性交渉する事と女の子が産まれる確率が上がります。
でもY精子を弱らせると聞くと、何だか女の子のX精子にも悪影響がでるんじゃないかと副作用のリスクを心配される人も多いと思いますが、どこの産婦人科でも産み分けゼリーを使用しても子供や母体に全く影響がないと副作用を否定します。
何故かと言うと酸性にする効果はありますが、産み分けゼリーで使われている成分は精子と似た成分で出来ていて、運動を弱めるだけで殺すような作用が全くないからです。
産み分けゼリーの子供や母体への肉体的なリスクは全くないと言っても、こういったゼリーを使用するデメリットは存在します。
産み分けゼリーを使っての産み分けのデメリットは、産み分けの効果を高めるために寿命が1日の男の子が産まれるY精子が死んでから受精させる為に、排卵日2日前に性交渉を行った後に再度性交渉を出来ないため鮮度がいい精子の方が妊娠確率が高いため妊娠確率を落としてしまう事です。
他には膣内で活動する半分以上を占めるY精子の活動を弱らせてしまうため、半分がほとんど活動しないため受精できる精子自体の量も半分以下になってしまい妊娠確率を大幅に落としてしまう事です。
妊娠自体の確率を下げるリスクはありますが、どうしても女の子を産み分けしたい人にとっては産み分けゼリーは有効な方法です。