話題の産み分けゼリーに副作用はあるのか

子供は男の子、女の子どちらができても嬉しいものですが、できることなら産み分けをしたいと考える人も少なくありません。
努力で産み分けをするのは難しいものがありますが手軽に利用できるアイテムとして産み分けゼリーが注目されています。
これは性行為の前に女性の膣内に注入する潤滑ゼリーで産み分けの確率を高めるとされている商品です。100パーセント産み分けができるというわけではありませんが、自宅で手軽に取り入れられることもあり、多くの人に利用されています。
男女の産み分けを行うためには精子が持つ染色体の特性をよく理解しておくことも大事です。
男の子が欲しい場合はY染色体を持つ精子が必要ですが、この場合はアルカリ性に強く酸性に弱いという特徴がありますし、女の子の場合はX染色体が必要となりますが、逆に酸性に強くアルカリ性に弱いという特徴があります。
それゆえ、男の子が欲しい場合は膣内の環境を整えておく必要がありますが、この時に役立ってくれるのが産み分けゼリーです。
産み分けゼリーはグリーンとピンクが用意されており、男の子が欲しい場合はグリーン、女の子が欲しい場合はピンクを利用します。
手軽に産み分け対策ができるので人気が高まっていますが、やはり実際に体内に入れるとなると体への影響や副作用も気になるところです。
産み分けゼリーを使った場合にはどんな副作用があるのか、リスクも知っておきたいですが、自然由来の成分で作られているものが多く体への負担の少ない成分が選ばれていますので副作用のリスクはほぼないと言われています。
安全に使うためには信頼性の高い会社のものを選ぶということも大事です。海外製品もありますが、より安心して使うのであれば国内産で成分表示がしっかりと行われているもの、医師が推奨されているものを選ぶことがおすすめです。
通販などでも購入できるものがありますが、雑貨扱いのものではなく管理医療機器として販売されているものを選びましょう。