産み分けゼリーの成功確率について

妊活で男女の産み分けをおこなうには産み分けゼリーがおすすめです。そもそも産み分けゼリーの存在すら知らない方も多くいます。産み分けゼリーは膣内のph値をコントロールするものです。通常、女性の膣は排卵日や興奮度合により酸性濃度が変化します。このとき膣内の状態が、酸性もしくはアルカリ性かにより男女の性別が決まります。膣内が酸性であれば女の子、アルカリ性であれば男の子となります。男女の産み分けは科学的根拠があるもので、排卵日を目安に性行為の状況で判断できます。たとえば排卵日当日であれば、男の子が優位になります。排卵日前日は女の子の可能性が高いです。シンプルな方法ですが、実際3割ちかくの方が失敗しているのです。そのためより成功率をあげるには産み分けゼリーが最適です。一般的に産み分けゼリーの成功確率は70パーセントから80パーセントとかなり高い確率です。また副作用の心配もないので、障害や奇形のリスクもありません。妊娠率にも影響を及ぼしませんので妊活中のかたにもおすすめです。現在、市販されている産み分けゼリーはボールペンサイズでワンタッチで簡単に挿入することができます。女の子が欲しいときはピンクを、男の子が欲しいときはブルーあるいはグリーンを選んでください。医薬品ではないので処方箋なしで気軽に購入できます。ただし女性の身体はデリケートなので、排卵日が推測できない場合は産婦人科にて相談してください。産み分けゼリーは天然成分で作られているので万が一、目や口に入っても問題はありません。産み分けゼリーの使用方法は、あらかじめ45度から50度の熱めのお湯で溶かしてからお使いください。コップにお湯を入れて蓋が閉まっていることを確認してから容器のなかで温めます。時間の目安は5分から10分となっています。1回分の使用量は3もしくは4ccとなっています。商品によって異なるのでしっかり説明書を確認して使いましょう。