産み分けゼリーの仕組みや成分とは?

赤ちゃんは天からの授かりものとは言いますが、男の子や女の子か性別を気にする人もいます。そこで、希望する性別の確率を上げることができると言われているのが、産み分けゼリーです。性交渉を行う際に、女性の膣内に注入することで希望する男女の産み分けをサポートします。その仕組みは細胞の染色体の性質からくるものです。精子がY染色体を持つ場合には男の子が、X染色体を持つ場合には女の子が生まれます。そして、Y染色体を持つ精子はアルカリ性に強いが酸性に弱い特性を持ちます。逆にX染色体を持つ精子は酸性に強く、アルカリ性に弱いのです。そのため、性交渉時に膣内の環境を産み分けゼリーで調整することで、産み分けの確率を上げるという仕組みです。
ただ、気になることが産み分けゼリーの成分は母子にとって影響がないかと言うことでしょう。ゼリーを直接膣内に入れて酸性またはアルカリ性にすると言うと心配に思うことも自然なことです。産み分けゼリーでは、もちろん体への影響を一番に考えて、構成される成分には自然由来のものがほとんどとなっています。主成分は水や水溶性コラーゲン、クエン酸やアルギニンなどです。保湿を目的として化粧品に用いられる成分が含まれている場合もありますが、体に取り込まれても安全なものとなっています。ただし、産み分けゼリーにも様々なものがあり、海外製のものもあります。中には成分表示がないものもあるため、安全性を考慮する場合には日本製できちんと開示されているものを選ぶのが賢明です。また、産婦人科に相談して医師にすすめられたものを使用することもできます。
何よりの注意点は産み分けゼリーは、希望する性別の確率を上げる可能性があるだけで、必ずしも100%を期待できるわけではないということです。あくまで上手くいくといいな、という淡い期待だけに留めて、希望した性別でない場合にも大切に育てることは大前提として考えておきましょう。